化粧品輸入は専門業者で

化粧品

難しい手続きも任せられる

化粧品に含まれる成分は非常に多く、保湿や美白など、その用途や目的に合わせて多種多様な成分、薬品が含まれています。日本では医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)があり、使っても良い成分や使ってはいけない成分、そして、その成分の含有量も厳しく定められています。この薬機法に照らし合わせた場合、海外で開発された化粧品の中には日本では販売できないものもあります。有効成分の含有量が多かったり新しい有効成分が含まれたりします。また薬機法に反していなくても、それを日本に輸入する場合には様々な申請や許可証が必要です。海外の化粧品をサンプルに日本の基準に合う新商品を開発する場合も、この様な規制を受けます。そうした申請や許可証、成分分析も含め安全に輸入する為に化粧品輸入業者がいます。化粧品輸入業者の中には自社で販売しない商品でも輸入代行というかたちで、手続きを行ってくれる業者もあります。輸出国の現地の状況を理解しており、その国特有のビジネスマナーにも精通しています。交渉も行ってくれ、トラブルなく輸入を達成してくれます。これら複雑な手続きのための人材確保や経費の負担は決して小さくありません。化粧品輸入業者により様々なプランがありますが、うまく利用することで経費を抑えつつスムーズに化粧品を輸入・販売できるでしょう。中にはラベルデザイン等陳列までアプローチしてくれる業者もあります。ラベルは重要であり、日本では必ず成分を表記する必要がありますが、そのデザインを含めたトータルサポートを行ってくれます。

Copyright© 2017 化粧品輸入サービスを利用しよう【業務が楽になる!】 All Rights Reserved.