個人では難しい

メイク道具

代行サービスも一つの手

化粧品輸入は個人使用の範囲内ならば認められていますが、販売を目的とする場合は薬事法に基づく非常に厳格な規制があります。なぜかというと、化粧品は肌に直接塗るものなので、人体に直接的な影響を及ぼすからです。海外の化粧品は日本とは基準が異なるため、日本人の肌には合わずに健康トラブルを起こすことがありえます。そのため、薬事法により厳格な規定が定められているのです。これは中古品をオークションなどで売る行為についても同様で、許可を受けずに販売するのはできません。許可を得るには薬剤師を常駐させるなどの人的条件と、検査や品質管理を行うとための設備を揃えるといった設備的条件を揃える必要があります。いずれも、個人または小規模な会社では非常に難しい条件です。ですが、美容院や雑貨店などで化粧品輸入をして販売したいと考えているオーナーも少なくありません。その場合は化粧品輸入代行サービスを使うのも一つの手です。化粧品輸入代行サービスは、これらの基準をクリアした会社であるため、販売までをトータルでサポートしてくれます。コストは多少かかりますが、自社で設備を揃えるよりはるかに手軽かつ安上がりです。化粧品輸入の導入時にはこうした代行サービスを使うとよいでしょう。サービスにも品質検査と管理のみを行うものと、物流までサポートしてくれるものと多様なサービスがあります。そして、会社として大々的に化粧品輸入部門を展開させたいと思ったら本格的に設備投資に移っていくという流れでも遅くないでしょう。

Copyright© 2017 化粧品輸入サービスを利用しよう【業務が楽になる!】 All Rights Reserved.