様々なハードルがある

メイクアップ

代行してもらうのも手

化粧品輸入を行うには、行政手続き、品質検査、薬事法に従っているかの確認、法定手続きにそった表示など様々なハードルがあります。化粧品は薬事法により管理されており、海外の商品が日本の法律とは違った基準で作られています。そのため化粧品輸入したいと思っても、薬事法に違反しているかきちんと確認する必要があるのです。それ以外にも様々な手続きがあり、小規模で化粧品輸入を行うにはかなりのハードルがあります。新たに設備を揃えるのは非常にコストがかかります。さらに、検査や基準に熟知していない状態で化粧品輸入と販売を行った結果、薬事法違反で回収となると企業イメージやブランド力にも大きく傷がつきます。そのため、代行サービスに委託するのも一つの手です。化粧品輸入代行サービスを探すときは、きちんとした品質検査体制があるか、利用しやすい位置に物流拠点があるか、トータルで行うのか一部のみを代行するのかなどを詳しく調べなければなりません。品質検査体制と品質管理体制は何よりも重要です。品質が確実であるかがわからなければ法律に準拠しているかもわかりません。化粧品輸入代行を依頼するのであれば、トータルで委託できるサービスの方が便利です。すでにある程度の輸入業務を行っており一部のみ委託先を探しているのであれば別ですが、そうでないのならばトータルで委託できるとアピールしている会社の方が確実です。物流まで任せるのであれば、物流拠点が近くにあるかもポイントとなります。

Copyright© 2017 化粧品輸入サービスを利用しよう【業務が楽になる!】 All Rights Reserved.